Finding True Family~Past Blog~

過去日記-2003年~2005年
by arv82jp
カテゴリ
全体
Aki's Past Blog
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

遅ればせながら、ご報告いたします。

日記をアップするのが遅れてしまいましたが、発表させていただきます。

メリーブットイ幸せの赤い糸を見つけました(・・・と信じて)。

このまま家にいてもらうことになりました。
とっても悩みました。悩んだというのは、私にとっての初預かりが“メリー”でした。

いろんなワンコの架け橋になれたら、という思いで一時預かりを始めました。
一回戦目から大きな病気を抱えている子ですが、性格にまったく問題もなく、
運搬の方がメリーのリードを私に手渡した瞬間から物応じもせず、二本足で
たって私に寄りかかってきました。

その頃は、誰が見ても「この子は大丈夫?」という感じでした。
カイセン、2つの腫瘍、そしてあまりにもやせたその姿。

保護されたHさんの手厚いお世話のおかげで、カイセンの状態もほぼ完治しており、
私はただ清潔な寝床と栄養価の高いものを心がけていました。
動物との暮らしは私にとって、ただただ自然なもの。

メリーとの生活も簡単になじんでいきましたし、メリーも自然に本来の自分を
取り戻していくようでした。
・・ただメリーの習性、猟犬の本能というものには認識も本当になかったので、
一度、メリーを脱走させてしまいました。

ボランティアの皆様にお手伝いを頂き、やっと探し出したときに2週間ちょっとの
時間が流れていました。毎日毎日、いろんな人に声をかけ自転車で走り回り。
とうとう荒川の土手に30人ぐらいの工事のおじちゃんたちに寝床まで与えられ、
昼は勝手に散歩し夜になると戻ってくるという生活をしているメリーを発見しました。

・・・しかも脱走前にはなにも書いてなかった首輪になぜか、
“のぶ子”という文字が・・・おじちゃん達に相当可愛がられていたんだな。
しかも話を聞くと、脱走したその日の夜からそこにいたらしい・・・

無事に戻ってきた後は私も二度と“脱走”させないように心がけ、メリーとの
信頼関係が強くなっていくのが日に日に感じました。
とにかくこの5ヶ月ちょっとの間に色々あった。腫瘍との闘いもあった。
病院まで毎回毎回メリーを連れて行ってくれたKさんをはじめ、アガリクスを
寄付してくださったTさん、病院のやさしいスタッフ・獣医さん。

いろんな方に助けながら、メリーは頑張ってくれた。
この見えない敵との戦いはこの先も続くだろう。
でもこれからは悪い方ばかりを見ないで、メリーにはもっともっと素敵な世界を
自分の目で見てもらいたい。私でいいのかな?という気持ちはあるけど、決して
お互いに後悔しない、させない人生・犬生をすごして生きたいと思います。

これからもまだまだ皆さんとはお付き合いしていきたいと思っております。
サポートも益々、力をいれて生きたいと思っておりますので今後ともメリーを
よろしくお願いいたします。

e0173219_13532869.jpg

[PR]

by arv82jp | 2004-05-19 13:50 | Aki's Past Blog
<< 里親会の日です。 メリーさんの新しい趣味(?) >>